FC2ブログ

弱虫ペダル実践編

毎年日本全国からサイクリストたちが集まって来て、山の登坂路を自転車で上る変な大会が全国にある。その中でもMt.富士ヒルクライムに次ぐ参加人数を誇る榛名山ヒルクライム、通称『ハルヒル』に参加してきた。

榛名HC

http://www.haruna-hc.jp/

当日は初心者コース、榛名神社コース、榛名湖コース合わせて6,500人以上が出走した。

麓会場


最長の榛名湖コースで計測開始から終了まで14.6km、最大勾配14%となっている。当然のように最長の榛名湖コースに参加したが、5,600名以上が申請タイム順に5分ピッチくらいで、14~15ウェーブに分けられてスタートした。

わたしは申告タイム1時間30分で、第11ウェーブのスタート。
待機場所からスタート地点まで移動している間にスタートしてしまい、ローリングスタートになってしまいスタートゲートの写真が撮れなかった。

スタートゲートから初心者ゴールくらいまでは勾配も緩やかで、体力もまだ残っていて気持ちよく走れる。その後もちょいちょい勾配がきつくなったりするけれども、すぐに緩やかになったり下りになったりして、いわば「アメとムチ」みたいな感じで参加者を上へ上へと登らせる感じだ。
榛名神社コースのゴールを越えると、そこからは一気に勾配がきつくなり、更に体力も失くなっているので、足をついてしまったり、自転車を降りて押す人が出たりする。誰かが降りて歩いていているのが目に入ると、自分も足をついてしまいたい誘惑に駆られるが、一度足をついたらもうペダルを漕げなくなりそうなので、がんばってペダルを漕ぐしかない。ペースもここからは上がることなく下がる一方で、今にも止まりそうで、フラフラしながらも止まることなくなんとか計測終了地点を通過できた。

榛名神社ゴール地点で50分くらいだったので、1時間くらいでゴールできるのかと思ったが、そこからはヘロヘロでゴールタイム1時間17分かかってしまった。

ハルヒル参加者はゼッケンに1,000円分の金券が付いていて、その金券で麓のメイン会場や、榛名湖畔の待機場の出店でいろいろなものに引き換えて貰える。5月中であれば会場周辺や、高崎市内などの協賛店でも利用でき、結構お得な感じがする。

榛名湖畔

マイバイク

榛名湖畔の出店では長蛇の列でかき揚げうどん500円を利用しただけで、残念ながら下山してしまった。


下山して朝の集合場所の榛名体育館にて、完走証を印刷してもらい、参加賞のドリンクをもらったり、なめこ汁をもらったりした。そしてそこから今朝車を止めた駐車場まで、また自転車を漕いで行かなくてはならないが、会場から3.5kmで標高差120mの道が地味に一番疲れた。

完走証

参加賞羊羹




初めてヒルクライムに参加してみて、坂道の辛さを味わって「弱虫ペダル」の登場人物たちがどれほどすごいのか体験できた。すご~く辛いレースだったけれど、翌日『まえばし赤城ヒルクライム』に参加申し込んでいた。
http://www.akg-hc.jp/

赤城HC



辛い。そこが良い。

Written by H.Masuko
プロフィール

株式会社 大雄建設「大ちゃんのおうち」

Author:株式会社 大雄建設「大ちゃんのおうち」
本社所在地:群馬県太田市飯田町964-8
TEL.0276-30-3755
Free Dial.0120-30-3758

http://www.daiyukensetsu.co.jp/

最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR