FC2ブログ

富士登山~御殿場ルート


富士山モルゲンロート

海の日だけれど山に登る。
誰でも一度は登ってみたい富士山。
ルートは4通りあって、人気があるのが、吉田口ルート、富士宮口ルート。
どちらもスタート地点が2300mくらいで、標高差1400m程度。
逆に人気がないのが、須走口ルート、御殿場口ルート。須走口で標高差1800m、御殿場口に至っては2300mも登らないと登頂できない。
今回は敢えて御殿場口からの登頂を目指した。

W1024Q75_IMG_3447.jpg


7月14日土曜日太田ショールームでのお客様との打ち合わせ後、帰宅し夕飯を食べ風呂に入り、準備をして22時30頃家を出た。
翌15日日曜日の午前1時30分頃御殿場口駐車場に到着。結構な賑わいで第三駐車場になんとか駐車できた。ワールドカップの三位決定戦はベルギーが勝利してすでに終わっていた。空を見上げると、満天の星できれいに天の川が見えた。30数年振りに天の川を見てちょっと感動した。
この時間からヘッドライトを付けて登って行く人達も多かったが、ご来光にあまり興味がないので仮眠をとって早朝から上ることにする。
2時間ほど仮眠をとり、朝食にサンドウィッチを食べ、トイレを済ませ5時にスタート。麓のトイレは無料だが、登山口以降はトイレが200円~300円の有料になるので、小銭の用意をいていったほうが良い。(結局一度もトイレを使うことなく下山することができた。)
数年前から富士山保全協力金という制度ができて、いわば登山料みたいなものだが、登山口正面ではなくちょっと離れたところで徴収しているので、払うにはちょっと遠回りする必要がある為か、支払っているのは30人に1人くらいの割合に思えた。支払うと登山口による色違いの缶バッジや木製のバッジが貰える。

W1024Q75_IMG_3477.jpg


登り始めてすぐに全身から汗が出てきた。
W1024Q75_IMG_3448.jpg

W1024Q75_IMG_3449.jpg


富士登山の達人はゆっくりペースで無休憩で登頂するらしいので、それに習って無休憩での登頂作戦でゆくことにするが、前方に人が見えると抜かしたい衝動にかられて、ついペースが上がってしまう。その結果御殿場口新五合目から七合目までで、体力を使い果たしてしまいその後は疲労困憊で、小学校低学年女子と抜きつ抜かれつ、最終的には完全にちぎられる始末。高度が上がると低酸素と披露と相まって、一歩がなかなか出なくなるようで、
数歩登って一休みみたいなペースになってくる。まったく頑張れないというはじめての体験をした。これからは三浦雄一郎みたいにセサミンでも飲もうかなーと、本気で思っていた。

W1024Q75_IMG_3450.jpg

W1024Q75_IMG_3451.jpg

W1024Q75_IMG_3452.jpg

W1024Q75_IMG_3453.jpg


W1024Q75_IMG_3456.jpg



登り始めて7時間30分で山頂に到着。ここまで来たが、まだ剣ヶ峰まで登らないと最高点に到達できていない。

W1024Q75_IMG_3458.jpg


しかし疲労困憊で剣ヶ峰までの急勾配を見ただけで登りきれそうにない。仕方ないので、セブンイレブンで買ったおにぎりを3個食べて、一時間ほど昼寝をした。予報では富士山頂の気温は10℃だったが、それほど寒くはなく薄いウィンドブレーカーを羽織っていれば昼寝をしても平気だった。
起きたら余計に足が痛かったが、体力は回復して剣ヶ峰まで上ることができた。

W1024Q75_IMG_3460.jpg

W1024Q75_IMG_3470.jpg

W1024Q75_IMG_3466.jpg


標高を測るアプリで見てみたら数メートル足りなかった。



補給食としてSOYJOYと一本満足バーを2本づつ、スポーツヨーカンを2本、いろはす500ml×4本で2リッター持っていったが、登頂した時点ですべて無くなった。

午後三時に飲料がない状態で下山を開始。
上りに比べて下りのスピードたるや、簡単に下りてこられる。八合目の山小屋までたどり着いて500mlペットボトルのコカ・コーラと水を買ったら、2本で1,000円だった。まあ仕方ない。冷たいコカ・コーラを一気飲みして、七合目まで下るとそこからは名物大砂走りがあり、一気に走って下ることができる。ちょっと走ってみたけど、序盤は大きな石が多く走ると危険な場所もある。宝永山への分岐後からは石がめっきり減って走りやすくなるが、体力も使うので長くは続かない。延々と砂(小さい石粒)の上を下るのも地味に足に効いてくる。そしてルートがまっすぐなので、遥か彼方のゴールらしき物陰が全く近づいてこないのもメンタル的に効いてくる。

W1024Q75_IMG_3472.jpg


午後6時日も暮れかかった頃御殿場口ゴールに到着した。下り三時間ほどの所要時間だった。

W1024Q75_IMG_3476.jpg


富士山登頂証明書を貰おうとウロウロしてみたが、午後5時までだったようで、残念ながら登頂証明書はもらえなかった。

W1024Q75_IMG_3474.jpg


駐車場でトレッキングシューズを脱ぎ、着替え午後7時帰路に着いた。
駐車場~富士山頂~剣ヶ峰~駐車場まで総踏破距離21.36km、所要時間13時間14分、消費カロリー4,069kcal。
古河はなももマラソンが42.58km、4時間42分、2,576kcalだったので、フルマラソンの方が全然楽だった。
御殿場口から上るならば、山小屋泊で2日に分けて登ったほうが良い気がした。

Written by H.Masuko
プロフィール

株式会社 大雄建設「大ちゃんのおうち」

Author:株式会社 大雄建設「大ちゃんのおうち」
本社所在地:群馬県太田市飯田町964-8
TEL.0276-30-3755
Free Dial.0120-30-3758

http://www.daiyukensetsu.co.jp/

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR